硬式テニスで試合に勝利するために、非常に重要なサーブ。
サーブが良い選手は、かなり試合を有利に進めることができます。

リターンが世界トップの錦織選手は、サーブがウィークポイントと言われています。
たらればの話ですが、錦織選手がサーブも世界トップの上手さなら、グランドスラム制覇にさらに近づくことでしょう。

サーブが上手いの定義には、サーブが速い、コントロールが良い、球種が多い、緩急がつけれるなどが上げれます。
なかでもスピードの速いサーブは打つ選手、すなわちビッグサーバーのサーブは非常に取りづらいです。

これまでのテニス史上の最速サーブ記録は誰がもっているんでしょうか?

本記事では、最速サーブ記録をランキング形式でご紹介します!

ご自身で高速のサービスを打ちたい方は、こちらの記事を参照してください。
テニスに必要な筋肉を鍛えれば、パフォーマンスが激変!テニスをレベルアップさせる上半身の筋トレをご紹介!

世界のサーブスピードランキング

男子選手サーブスピードランキング TOP20


男子プロ選手の、ATPの公式世界のサーブスピードの記録を1位から20位までランキング化しました。
20位でさえ、230kmです。230kmといえば、ほぼ新幹線なみの速さですね。

ランク 出身国 選手名 サーブ速度 身長 大会名
1 AUS サム・グロス 263 km/h 193 cm 2012 Busan Open
2 FRA アルバノ・オリヴェッティ 257.5 km/h 203 cm 2012 Internazionali Trofeo Lame Perrel–Faip
3 USA ジョン・イスナー 253 km/h 208 cm 2016 Davis Cup
4 HRV イボ・カロビッチ 251.1 km/h 211 cm 2011 Davis Cup
4 POL イェジ・ヤノヴィッツ 251.1 km/h 203 cm 2012 Pekao Szczecin Open
5 CAN ミロシュ・ラオニッチ 250 km/h 196 cm 2012 Rogers Cup
6 USA アンディ・ロディック 249.4 km/h 188 cm 2004 Davis Cup
7 SWE ヨアキム・ヨハンソン 244.6 km/h 198 cm 2004 Davis Cup
7 ESP フェリシアーノ・ロペス 244.6 km/h 185 cm 2014 Aegon Championships
8 ROU マリウス・コピル 244 km/h 191 cm 2016 European Open
9 POL ホベルト・ホルカシュ 243 km/h 196 cm 2016 Davis Cup
10 USA テーラー・デント 241.4 km/h 188 cm 2010 SAP Open
11 LVA エルネスツ・ガルビス 240.3 km/h 193 cm 2007 St. Petersburg Open
12 ARG フアン・マルティン・デル・ポトロ 240 km/h 198 cm 2017 Stockholm Open
13 GBR グレグ・ルーゼドスキー 239.8 km/h 193 cm 1998 Newsweek Champions Cup
14 RUS ドミトリー・トゥルスノフ 237.0 km/h 185 cm 2006 Davis Cup
14 FRA ジョー・ウィルフリード・ツォンガ 237.0 km/h 188 cm 2014 Rogers Cup
15 FRA ガエル・モンフィス 235 km/h 193 cm 2007 Legg Mason Tennis Classic
15 SRB ドゥシャン・ベミッチ 235 km/h 188 cm 2008 Countrywide Classic
15 HRV マリン・チリッチ 235 km/h 198 cm 2016 Davis Cup
16 LTU Ričardas Berankis 234 km/h 175 cm 2011 Open d’Orléans
16 CHE スタン・ワウリンカ 234 km/h 183 cm 2014 Davis Cup
17 HRV イワン・リュビチッチ 233.4 km/h 193 cm 2007 Pacific Life Open
17 BGR グリゴール・ディミトロフ 233.4 km/h 191 cm 2013 Aegon Championships
17 USA レイリー・オペルカ 233.4 km/h 211 cm 2016 U.S. Men’s Clay Court Championships
17 SRB ビクトル・トロイツキ 233.4 km/h 193 cm 2017 Davis Cup
18 ESP フェルナンド・ベルダスコ 232 km/h 185 cm 2009 French Open
18 AUT ドミニク・ティエム 232 km/h 185 cm 2017 Gerry Weber Open
19 USA マーディ・フィッシュ 231.7 km/h 188 cm 2007 Pacific Life Open
19 POL マルチン・マトコフスキ 231.7 km/h 185 cm 2009 ATP World Tour Finals
20 NLD マルティン・フェルカーク 230 km/h 191 cm 2003 Breil Milano Indoor
20 CHE ロジャー・フェデラー 230 km/h 185 cm 2010 Gerry Weber Open
20 SWE ロビン・セーデリング 230 km/h 193 cm 2010 ATP World Tour Finals
20 DEU ダニエル・ブランズ 230 km/h 196 cm 2011 Intersport Heilbronn Open
20 CZE イジー・ベセリー 230 km/h 198 cm 2014 Wimbledon
20 ESP ニコラス・アルマグロ 230 km/h 183 cm 2016 Argentina Open

ご自身で高速のサービスを打ちたい方は、こちらの記事を参照してください。
テニスに必要な筋肉を鍛えれば、パフォーマンスが激変!テニスをレベルアップさせる上半身の筋トレをご紹介!

女子選手サーブスピードランキング TOP10

こちらは女子の記録です。女子選手も、200kmオーバーのサービスが打っているのは驚きです。
筋力だけでなく、効率的にボールにパワーを伝えている証拠ですね。

ランク 出身国 選手名 サーブ速度 身長 大会名
1 ESP ジョージナ・ガルシア・ぺレーズ 220 km/h 188 cm 2018 Hungarian Ladies Open
2 DEU ザビーネ・リシキ 210.8 km/h 178 cm 2014 Stanford Classic
3 USA ビーナス・ウィリアムズ 207.6 km/h 185 cm 2007 US Open
4 SRB イバナ・ヨロビッチ 207 km/h 174 cm 2017 Fed Cup
5 USA セリーナ・ウィリアムズ 206.4 km/h 175 cm 2013 Australian Open
6 DEU ユリア・ゲルゲス 203.0 km/h 180 cm 2012 French Open
6 FRA キャロリン・ガルシア 203.0 km/h 177 cm 2016 Fed Cup
7 NLD ブレンダ・シュルツ・マッカーシー 202.7 km/h 188 cm 2007 Indian Wells Masters
8 UKR ナディヤ・キチェノク 202.0 km/h 172 cm 2014 Australian Open
9 JPN 大阪なおみ 201 km/h 180 cm 2016 US Open
9 CZE ルーシー・ハラデツカ 201 km/h 177 cm 2015 Wimbledon
10 DEU アンナ・レナ・グローネフェルト 201.1 km/h 180 cm 2009 Indian Wells Masters

データ参照元:ATP、WTA

ご自身で高速のサービスを打ちたい方は、こちらの記事を参照してください。
テニスに必要な筋肉を鍛えれば、パフォーマンスが激変!テニスをレベルアップさせる上半身の筋トレをご紹介!

世界最速、サム・グロスのサーブ動画


サム・グロスが、世界最速サーブを打ったときの動画です。
2012年に韓国の釜山で開催されたBusan Openでの試合で、世界最速のサーブが放たれました。
相手にマッチポイントを握られている場面で打ったサーブなので、半ば開き直って、いい具合に脱力できていたのかもしれません。


番外編

錦織圭のサーブ速度


錦織圭プロのサービス速度は、2015年の全豪オープン時に、平均184kmで、最速201kmのサーブでした。やはり200kmのサーブは打てるということです。
サーブがウィークポイントと言われていますが、四大大会で準優勝しており、世界ランク4位を記録している選手ですから、その他のプレーが高次元のため、サービスがウィークポイントに見えている側面もありますね。

錦織圭のサーブ動画

大坂なおみのサーブ速度


世界のサーブスピードランキングで9位にランクインしている大阪なおみプロのサービス。
錦織プロの最速サービスと同等のサービスが打てるということです。
これだけのサービスを持っていれば、かなり優位にサービスゲームを進めることができます。

大阪なおみのサーブ動画

サーブのスピードをアップしたいあなたに。
あなたの筋トレの効果を加速させるアイテムをご紹介。

ビルドメイク24で筋肉に栄養のフルコースを届けることが可能


ビルドメイク24はプロテインです。
しかし、ただのプロテインではありません。

ホエイプロテインとソイプロテインがミックスされた、栄養素が抜群に優れたプロテインです。

ホエイプロテインの特徴
・早く筋肉にタンパク質を吸収させたい時に最適(ジムや自重でのトレーニング直後など)。
・即効性のあるプロテインのため、ジムや自重でのトレーニング直後におすすめ。
・即効性はあるが、持続性は無い。

ソイプロテインの特徴
・徐々に筋肉に吸収され持続的に筋肉にタンパク質を吸収させる。
・持続的にタンパク質を届けてくれるので、就寝前などに最適。
・持続性はあるが、即効性は無い。

つまりビルドメイク24は、ホエイプロテインとソイプロテインのメリットを享受しつつ、
・すぐに吸収が終わる(ホエイ)
・即効性がない(ソイ)
ホエイとソイのデメリットをカバーした優れたプロテインと言えます。

さらにHMBも配合

「ロイシン」と呼ばれる必須アミノ酸の代謝物のことを「HMB」と言います。
「ロイシン」は、傷ついた筋肉を修復し肥大化させる、いわば超回復の際に欠かせない重要な役割を担っています。

その筋肉の味方「ロイシン」が体内で変化しHMBが生成されます。
しかし、ロイシンから、HMBに変化するとグッと量が減ります。

ロイシン50グラム→HMB約2.5グラム
ロイシンの約5%しかHMBになれないと言われています。

つまり、ビルドメイク24は、

・ホエイプロテインのメリット
・ソイプロテインのメリット
・HMBの効果

上記3つの効果を1つの製品に凝縮しています。

筋トレの効果を加速させるためにプロテインを摂取したいと考えている人には、
おすすめのプロテインです。

最速で理想のフィジカルを手にしたい人は、チェックしてみてください。

ビルドメイク24の公式HPはこちら>>








サーブ速度についてのまとめ


テニスにおいてサービス速度は非常に重要ですが、サービスが早いから試合に勝てるわけではありません。
サービスの確率、種類、緩急がつけられるかなど、サービスゲームをキープするための要素はその他にもたくさんあります。
ただ早いサービスが打てるに越したことはありませんね。
練習あるのみです。

それでは良いテニスライフを!

スポンサーリンク