テニスプレーヤーならなら誰しもが一度は憧れたことがあるであろうドロップショット。
綺麗に決まった時は本当に快感ですよね。思い出してニヤニヤしてしまうこともあります。

プロが魅せる妙技ドロップショットの動画をご紹介します!
見ていて本当、うっとりしてしまいます。

世界のトッププロが魅せる神技ドロップショット

ロジャー・フェデラーのドロップショット!


2019年のATP1000 マドリッド・オープンの男子シングルス2回戦で、フェデラーがガスケに対して打ったドロップショットです。ガスケの強烈なキックサーブを、フェデラーが鮮やかなバックのスライスでネット側にドロップショットを放ちます。フェデラーのプレーはどの角度から見ても美しいですね。2本目は、ラリーの途中で、ネットすれすれに、1本目同様にバックのスライスでネット側に落とします。


錦織がハーフボレーでドロップショット!


2018年のATP1000ロレックス・パリマスターズで錦織が見せたドロップショットです。
ネットに詰める錦織の足元にアドリアン・マナリノがスピンショットを打ちますが、錦織が常人離れしたタッチセンスで、ハーフボレーでドロップショットを放ちます。こんな返球をされたら取れませんね。。。


錦織が自分のコートにドロップショット


どんな天才もミスはします。これは錦織が2015年のロジャーズ・カップでラファエル・ナダルと対戦した時に見せたプレーです。激しい打ち合いの中から、得意のタッチセンスでドロップショットを放とうとしますが、、、、動画をみてください!
まぁ天才もミスをするということですね。


1バウンドして自分のコートにボールが戻ってきた!!!


アドリアン・マナリノが見せたドロップショットです。1バウンドして自身のコートにボールが戻ってきています。
まるで漫画のようなショットです、、。それをこんな大舞台でやってしまうなんて、さすが世界のトッププロですね。


まとめ

フェデラーのような天才的なドロップショットがキレイに試合中に決まると、数日間は思い出してニヤニヤしてしまいますよね。
タッチセンスを鍛えて、バシバシドロップショットを決めたいですね。

それでは良いテニスライフを!

スポンサーリンク