ストローク、ネットプレー、サーブ、全てのプレーが世界最高峰のロジャー・フェデラー。
弱点がなく、正に現代の最強オールラウンダーです。

フェデラーのプレーは、無駄が無く、見るものを魅了します。
四大大会を20回制覇し、世界ランク1位の期間は、187週間。
約3年半、世界ランク1位に君臨し続け、この記録も歴代1位となっております。
38歳となったいまも、常に高みを目指し、ATPツアーでも勝ち続けています。

そんな天才フェデラーが最近、セイバーという技を生み出しました。
初めてフェデラーが披露したときは、世界に衝撃が走りました。

本記事では、フェデラーが生み出した新技セイバーを動画とともにご紹介します!
お楽しみください。

フェデラーの新しい必殺技「セイバー(SABR)」は半端ない!

そもそもセイバー(SABR)の意味は?

SABRとは、Sneaky Attack By Roger」の頭文字を取り、SABR(セイバー)と呼んでいます。
リターン時に相手がサーブを打つ瞬間にサービスライン付近まで近寄り、ハーフボレーでリターンすることをいいます。リターンの後は、ネットプレーでポイントを取りにいきます。
プロテニスの常識ですと、プロ選手のサーブをハーフボレーで返球することはありませんでした。

リターンされた側も、ハーフボレーで返球されると、いつものリズムが狂うため、タイミングがずれたり、準備が遅れ狙ったコース返しずらくなります。
プロのサーブをハーフボレーで、甘くならないコースに返球するのは、技術的にはかなり難しいレベルになります。

フェデラーのSABR(セイバー)動画をみてみよう!

2017年のフェデラーのSABR(セイバー)のまとめ!


こちらの動画では、2017年の大会別にフェデラーのSABR(セイバー)を紹介しています!
なぜこんな難しいプレーを、誰でもできそうに錯覚してしまうほど簡単そうにできるんでしょうか。



フェデラーのSABR(セイバー)を現役コーチが動画でレッスン


SABR(セイバー)を現役のコーチが、レッスン形式で解説しています。
SABR(セイバー)を使うことによる効果、メリットと、打ち方のポイントを説明してくれています。
試合で試したいというプレーヤーは参考になります。
4分47秒までがホワイトボードを使った解説、4分49秒からがオンコートでの解説になります。



ニック・キリオスのSABRもかっこいい


オーストラリアの天才、ニック・キリオスもセイバーを使います。
10代で2度、四大大会で8強入りを果たし、2016年に20歳でツアー初優勝と将来を嘱望されている選手です。
コート上で時折見せるマナーの悪さから、悪童と呼ばれていますが、その才能は本物です。



「セイバー(SABR)」についてのまとめ


フェデラーにしても、キリオスにしても、もちろんセイバーに失敗することがあります。
200キロ近いサーブをハーフボレーでしっかりとリターンするのは、至難の技です。
返球が甘くなり、パッシングを抜かれたり、ネットやアウトのミスショットになることがあります。
ただあのATPトッププロのレベルの中で、SABRに挑戦し、高確率で成功させ、ポイントをとってしまうところがすごいところですね。

みなさんも、奇襲をしかけてテニスのリズムを変えたい時、相手をあっと驚かせたいときなど、是非使用してみてはいかがでしょうか。

それでは良いテニスライフを!

スポンサーリンク