ゲイブ・ハラミロのDVD
私が購入したのは、「Making Champions 1 フォアハンド」と「Making Champions 2 バックハンド」。
そして「Making Champions10 How to Hit a Forehand 1&2」のDVDです。
これらのDVDを実際に購入し見ましたので、そのレビュー・感想を皆様にお届けいたします。

どのDVDも基本に立ち返り、自分のテニスを基本的なところから世界レベルの指導者、ゲイブ・ハラミロが立て直してくれます。トッププロのプレーヤーには、しっかりとした論理があるということがわかります。

これからテニスを始めるかたの基本作りはもちろん、テニス上級者の方が、ベースとなるテニスの基本を強化するのにも役立ちます。
また指導者の方も、世界トップの指導を見れば多くの気づきを得られることは間違いありません。

テニスが上手くなりたい人、またテニスを教えるのが上手くなりたい人は、必見のDVDです。

ゲイブ・ハラミロ氏のプロフィール


Club Med Academies Tennis Director
1981年~2009年 IMGボロテリー・テニスアカデミーにてボロテリーの右腕を30年務め、 ボロテリー・システムの構築をした。

8名の世界No.1と26名の世界トップ10を育てた。
主な指導選手はアガシ、クーリエ、セレス、シャラポワなど。錦織圭を見出し、世界レベルにまで引き上げた事でも有名。

世界的に知られているツール「システム5」を開発。
テニス界において一番最初にピリオダイゼーション・トレーニングプログラムをフルタイムアカデミーに取り入れた。

世界中のテニス誌、ビジネス誌に記事を提供、日本ではテニス雑誌スマッシュ、アルゼンチンのネット7、ドイツのラケットテック、中国テニスマガジン、イタリアのテニス誌etc. ITFワールドカンファレンス等、世界各国で講演、最新のテニス指導法を伝えている。

ゲイブ・ハラミロ氏が育成した主な選手

錦織圭だけでなく、そうそうたるメンツの指導経験を持ちます。

・ボリス・ベッカー
・アンドレ・アガシ
・ピート・サンプラス
・ジム・クーリエ
・モニカ・セレス
・マルセロ・リオス
・メアリー・ピアース
・トミー・ハース
・マリア・シャラポワ
・錦織 圭

「Making Champions 1 フォアハンド」のレビュー

DVDのパッケージと中身

「Making Champions 1 フォアハンド」のパッケージ表面


「Making Champions 1 フォアハンド」のパッケージ裏面


「Making Champions 1 フォアハンド」の中身
「Making Champions 1 フォアハンド」の中身

「Making Champions 1 フォアハンド」のコンテンツ内容

・グリップ
・構え(アレスティック・ファンデーション)
・フットワーク(アジャストメント・ステップ)
・ボールとの距離感(スペーシング)
・体幹部のひねり(ローディング)
・バックスイング
・スタンス
・狙いを定める(ロックイン)
・スイング中の、腕とラケットの形(レバレッジ)
・フォワードスイング
・打点(コンタクトポイント)
・プロネーション
・フォロースルー
・打ち終わりの形(フィニッシュ)
・作用、反作用(アクション・リアクション)
・打った後の、足の動き(リカバリーステップ)

「Making Champions 1 フォアハンド」の感想

大きく全16項目にメニューが収録されています。
どの項目も、基本的な考え方から、ハラミロ氏独自の見解も聞くことができ、非常に力になります。
例えば「ボールとの距離感」などは言われてみれば、大切なことだとわかりますが、練習でちゃんと意識できている人は少ないと思います。
このスペーシングを意識できるだけでも、あなたのテニスのレベルが確実に上がります。

全16項目の中で、自分が苦手意識を持っている「動き」を重点的に意識して見るだけで、練習や試合での動きが変わります。

「Making Champions 1 フォアハンド」のサンプル動画


ゲイブ・ハラミロの『Making Champions』 Vol.1 フォアハンドの詳細とご購入はこちらから

「Making Champions 2 バックハンド」のレビュー

DVDのパッケージと中身

「Making Champions 2 バックハンド」の表面
「Making Champions 2 バックハンド」のパッケージ

「Making Champions 2 バックハンド」の裏面
「Making Champions 2 バックハンド」の裏面

「Making Champions 2 バックハンド」の中身
「Making Champions 2 バックハンド」の中身

「Making Champions 2 バックハンド」のコンテンツ内容

・グリップ
・構え(アレスティック・ファンデーション)
・フットワーク(アジャストメント・ステップ)
・ボールとの距離感(スペーシング)
・体幹部のひねり(ローディング)
・バックスイング
・スタンス
・狙いを定める(ロックイン)
・スイング中の、腕とラケットの形(レバレッジ)
・フォワードスイング
・打点(コンタクトポイント)
・プロネーション
・フォロースルー
・打ち終わりの形(フィニッシュ)
・作用、反作用(アクション・リアクション)
・打った後の、足の動き(リカバリーステップ)
・6ポイントのシングルバックハンドテクニック

「Making Champions 2 バックハンド」の感想


こちらもフォアハンド同様に、大きく16項目のメニューが収録されています。
非常にシンプルな項目を、ハラミロ氏の論理を噛み砕きわかりやすく解説してくれます。

バックハンドにありがちちな、
「テイクバックって、どうやるのが正解なんだっけ?」
「フォロースルーって、どうやるのが正解なんだっけ?」
など、基本的な疑問がこの1枚ですべて解決されます。

フォアハンドに比べ、バックハンドは苦手意識を持っているプレーヤーも多いと思いますが、このDVDを見ることでバックハンドのフォームや動きの考え方が変わり、苦手意識が取っ払われると思います。逆に安定した自信をもったショットに変わる可能性が高いです。

構えからテイクバック、そしてフォロースルー、フィッニッシュとひとつ一つの動きを、ハラミロ氏が丁寧に指導してくれます。

バックハンドでお悩みのあなた。
このDVDで、バックハンドのさらなるレベルアップを手にしましょう。

ゲイブ・ハラミロ氏のバックハンドのレッスン動画



ゲイブ・ハラミロの『Making Champions』 Vol.2 -両手打ちバックハンドの詳細とご購入はこちらから

「Making Champions10 How to Hit a Forehand 1&2」のレビュー

DVDのパッケージと中身

「Making Champions10 How to Hit a Forehand 1&2」の表面
「Making Champions10 How to Hit a Forehand 1&2」の表面

「Making Champions10 How to Hit a Forehand 1&2」の裏面
「Making Champions10 How to Hit a Forehand 1&2」の裏面

「Making Champions10 How to Hit a Forehand 1&2」の中身


「Making Champions10 How to Hit a Forehand 1&2」のコンテンツ内容


・ローティング(体を後ろにひねる動作)
・フォワードスイング
・コンタクトポイント
・トップスピン
・フォロースルー

「Making Champions How to Hit a Forehand 1&2」の感想


こちらのDVDでは、フォアハンドを徹底的に深掘りしています。
現代テニスのフォアハンド習得の全プロセスがここに詰まっていると言っても過言ではありません。

錦織のフォアハンドの秘密がなぜ世界トップレベルなのか?
その秘訣がもしかしたら見つかるかもしれません。

フォアハンドは得意なプレーヤーが多く、逆にいうとバックハンドのように劇的な上達が見込めないと考えている方もいるかもしれません。

しかしこのDVDを見ることで、あなたのフォアハンドをがよりダイナミックな進化を遂げることでしょう。
練習時の意識を変えてくれるポイント、ヒントをハラミロ氏がコーチングしてくれます。

是非、あなたのフォアハンドをまたひとつ上の次元に引き上げてください。

「Making Champions How to Hit a Forehand 1&2」のサンプル動画


ゲイブ・ハラミロの『Making Champions 10 -How to Hit a Forehand 1&2-』の詳細とご購入はこちらから

ゲイブ・ハラミロ氏のDVDを見たまとめ

とにかくこのレベルの指導者のレッスンが自宅でDVDで見れるというのはすごいことです。
フォアハンドもバックハンドもコーチングにしっかりとしたロジックがあり、なぜそういう動きをするとプレーが上手くなるのか納得できます。

かなりボリュームもあり、じっくりとお楽しみいただけると思います。
試合前に、練習前にご自宅などでイメージづくりに役立たせてください。




スポンサーリンク