世界最高ランク4位。全米オープン準優勝。
ここまで強くなる日本人選手がでてくるとは思いませんでした。
175cmと、世界ランカーのなかでは小柄な錦織ですが、コート上では小ささを全く感じさせません。

世界指折りのストロークを武器にする錦織は、世界最高のショットメーカーと言われています。
ジョコビッチ、フェデラー、ナダルとまさに世界のトップ選手にも勝利したこともあり、錦織ならグランドスラムを制覇できるのではないかと夢を見させてくれます。

今回は、そんな日本が誇るスーパースター錦織のプレースタイルについて解説したいと思います。

錦織圭のプレースタイルとは?

類まれなストロークセンス

コースが読めない世界トップのフォアハンド


錦織のフォアハンドは、肩がしっかりと入っており、インパクトの瞬間まで本当に打つコースが分かりません。
かつスイングスピードが早く、当然打球も早いため、打たれる側は脅威になります。

錦織はバックハンドが注目されることが多いですが、このフォアハンドは、錦織が世界のトップで活躍している大きな理由です。

コンパクトでスイングの鋭いバックハンド


ロジャー・フェデラーが「錦織圭のバックハンドか、カルロビッチのサービスが欲しい。」とコメントするほど、評価の高い錦織のバックハンド。
海外メディアも錦織が、全米オープンで準優勝した際に、躍進の理由として錦織のバックハンドをあげていました。

クロス、ショートクロス、ダウンザライン、ロブ、など多種多様なショットを、絶妙なタイミングで使い分け、相手を翻弄します。

錦織圭のバックハンド 特集動画

こちらの動画では、錦織のバックハンドのウイナーをまとめています。
全てのポイントが世界トップレベルです。


世界トップのリターン

錦織のリターンゲームの勝率ATPランキング

錦織のブレーク率は、世界トップクラスです。
ATPの発表している、リターンゲームの勝率ランキングでの錦織の順位を紹介します。

  • 2012年:5位
  • 2013年:6位
  • 2014年:7位
  • 2015年:9位
  • 2016年:7位

何百、何千といるプロ選手たちのなかで、リターンゲームの勝率で毎年トップ10入りしています。
テニスはサービスゲームをキープすることより、自分のリターンゲームを取ることの方がはるかに難しいと言われています。
錦織のリターン力は、間違いなく世界トップクラスです。

抜群のフットワーク


グランドスラムの本戦に出場している選手たちの早く重いストロークを返球するためには、並外れたフットワークが必要になります。
175cmと世界のトッププロと比較すると決して大きくない錦織。

リーチの面では不利ですが、錦織のフットワークは素早く、前後左右に振られてもしっかりと自分の打点に入りこみ、返球しています。
もちろん全てのボールを返球できるわけはありませんが、錦織のフットワークは間違いなく世界トップクラスです。

元プロテニス選手で世界ランク24位を記録した神尾米プロが、錦織のフットワークについてコメントしていたので紹介します。

錦織選手のフットワークは、ハードで力強さも出せれば、クレーコートで柔らかさも出せる。どのサーフェスでも、フットワークでコントロールできていると思います。これはきっと、自分で意識しているというより、天性のモノではないでしょうか。力強く守るとき、少しリラックスして力を抜いているとき、そしてメチャメチャ回転数を上げて速く走るとき……。その使い分けが、本当に素晴らしい。ラケットさばきの魔術師というより、「動き方の魔術師」という感じです。

走っても打ってもトッププロの錦織。
グランドスラムで準優勝したのも頷けます。

唯一のウィークポイントと言われているサービス


ウィークポイントと言われていますが、他のプレーが群を抜いているためウィークポイントとして目立ってしまっている部分もあります。
ファーストサービスが入った時のポイント取得率は、71%となっており、決して悪くない数字です。

セカンドサービスになった時のポイント取得率は、53%となり、セカンドサービスの展開では、約2本に1本はポイントを取られているのでまだ課題があるといえそうです。

とはいえ、サービスゲームの取得率は80%を超えています。
他のパラメーターが突出しているため、課題に感じるのは否めませんね。

タイブレークの勝率、世界1位!強靭なメンタル


プレー面では、世界のトップを狙える実力のある錦織ですが、何と言ってもその強さを支えているのは脅威的な勝負強さです。
フルセットに試合がもつれこんだ際の勝率は75%を超えます。
これはテニス史上もっとも高い勝率となります。

錦織圭のプレースタイルについてのまとめ


世界のスーパースター、錦織圭。
打ってよし、走ってよし、気持ちも強い。
こんな日本人選手が出てくるとは思いませんでした。

いつか錦織が世界の頂点に立つ日まで応援したいと思います。

それでは良いテニスライフを!

スポンサーリンク