テニスプレーヤーに多い悩みの一つ「テニス肘」。

テニス肘の正式な名称は、上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん) と言います。
テニスが原因でなくとも、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)と診断されることもあります。

軽度なものから、重度なものまでありますが、重度な場合、コップや茶碗を持つなど、日常の小さな動きでも激しい痛みを感じるようになってしまいます。
どちらにしてもテニス肘になると、テニスのプレーはもちろん、日々の生活でもストレスを感じるようになってしまうことになります。

今回は、テニス肘の原因と治し方について、またおすすめのサポーターをご紹介いたします。

テニス肘でお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

テニス肘の原因と治療方法

テニス肘の症状と原因とは?

テニス肘の症状


ものをつかんで持ち上げる動作やタオルをしぼる動作をすると、肘の外側から前腕にかけて痛みが出現します。多くの場合、安静時の痛みはありません。


と記載があります。
テニス肘は、安静時は痛みは全くなく、肘から先を動かす時に、ジンジンとした独特の痛みがはしります。

テニス肘の原因


一般的には、年齢とともに肘の腱がいたんで起こります。病態や原因については十分にはわかっていませんが、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側で障害されて生じると考えられています。 この短橈側手根伸筋は手首(手関節)を伸ばす働きをしています。


テニス肘は、手首を伸縮する役割を果たす腱が痛んでいることが原因ということですね。

ではなぜ、肘の腱が痛んでしまうのか?
痛んでしまった肘の腱をどうのようにケアすればいいのかを解説いたします!

テニス肘の治療方法


原因と症状について解説させていただきましたが、ここからは具体的なケア方法についてご紹介させていただきます。

テニス肘の痛みで苦しんで入られる方はぜひ参考にしてみてください。

肘に負担がかかりテニス肘になってしまう原因について


滋賀県の整体師さんの解説が非常に分かりやすかったので、紹介いたします。
原因を以下の3つに絞って、原因を分析しています。
セルフケアだけを知りたい方は、6分15秒からご覧ください。

  1. 腕がねじれている。
  2. フォーム体の使い方。
  3. 肩甲骨の動きが悪い。


テニス肘におすすめのサポーター 3選

数あるテニス肘のサポーターからおすすめの製品を3つご紹介します。

  1. ZAMST(ザムスト) エルボーバンド

    画像出典:楽天

    ナンバー1ブランドの安心感とクオリティ
    テニスを競技としてやってきた方にとってはお馴染みのブランドですね。ザムストのサポーターはプロ選手も愛用している人が多く、製品の質に対しての信頼度が高いことが分かります。スポーツサポーターというジャンルにおいて、国内ナンバーワンのブランドです。テニス肘をサポーターで緩和させたいという方は、ぜひ一度試してみてください。


  2. NIKE(ナイキ) エルボーバンド

    画像出典:楽天

    デザイン性も抜群
    “Ariaprene”を使用し、軽量ながら、両端のシリコン加工によりサポーターのズレを防止して関節をしっかりサポート。さすがナイキといったデザインですね。肘のサポーターもかっこよく見えます。


  3. prince(プリンス) ハイパフォーマンス プレミアムエルボー

    画像出典:楽天

    テニス専門ブランドとダイヤ工業のコラボ
    医療用品メーカーで、サポーターのトップメーカーであるダイヤ工業とprinceのコラボレーション。「痛みを軽減しながらも運動時のパフォーマンスを重視」するコンセプトで共同開発された「プレーする人のためのサポーター」。


テニス肘についてのまとめ


テニス肘は、症状を緩和させることのできる疾患です。
テニスもサポーターを使って、ケアしながら楽しむようにしてください!

それでは良いテニスライフを!

スポンサーリンク